葬儀の種類や形式の変わり方~葬儀の豆知識ナビ~

葬儀

時代の流れとともに変化

花

あらゆる儀式や式典に関すること、その様式や次第が、時代の流れとともに変化してきたのと同じように、葬儀の様式や次第も、様変わりして来ました。葬儀の方法が分からない時は業者に依頼することが大切です。

詳細を確認する

一日葬と家族葬

葬儀

一般葬は葬儀の方法の中でももっとも一般的であらゆる地方で行われている葬式の方法です。葬儀の根本的な時間短縮を行う際にもこの方法で葬儀を行う際は、式典の方法に気をつけましょう。

詳細を確認する

一般葬

花

葬儀の方法は大きさにより変わってくる時もあります。どうしても大規模な葬儀になってくると、工程が複雑になってくることもあります。そのようなときは葬儀業者と協力して工程を把握しましょう。

詳細を確認する

新しい「葬儀」

女性

前の記事に書いたとおり、日本では、人が亡くなり、わたしたちがその人とこちらの世界においてお別れする、というときには、通夜や葬儀などを経て火葬場でその行程を終えます。それが従来の、「故人を送り出す」ということだったのですが、この行事も時代が進むにつれ、さまざまに変わって来ました。たとえば、昔から、葬儀というものにはお金を掛けるべきだ、という考えがありました。人が亡くなるということ、その人を送り出すということは、言うまでもなく非常に繊細微妙な事柄です。死というものは宗教的に、社会的に、また倫理的にも、厳粛に、ナイーブに捉えなければならないというのが前提で、だからこそ、お金をかけ、万全の準備の上で行なうべきである、という捉え方だったのです。しかし、大阪の社会状況が変化するにつれ、また時代の変遷とともに、わたしたちの宗教的、社会的、また倫理的な物事の捉え方も大きく変わりました。その変化に順応した大阪の儀式や式典の在り方が問われるようになってきたわけです。そこで、この儀式・式典に掛かる費用や時間、規模をさまざまに設定した新しい種類の葬儀が生まれてきたのです。
今、葬儀の種類をいくつか挙げるとすれば、どのようなものがあるのでしょうか。昔からあり、また今あらたに生まれ、注目されつつあるいくつかのものを挙げると、以下のようなものがあります。「一般葬」、「社葬」、「密葬」、「家族葬」、「一日葬」、そして「直葬」です。これらはそれぞれどういうもので、どんな特徴を持っているのでしょうか。