葬儀の種類や形式の変わり方~葬儀の豆知識ナビ~

葬式

一般葬

花

前の記事にいくつか挙げた、今「葬儀」といえばこのようにいくつかある、と挙げたそれぞれについて、ここからはひとつずつ説明していこうと思います。死というものは時に、突然に訪れるもので、どのような手順で行なえばいいのか、どのような種類があるんだろうか? ということに悩む人もいるでしょう……。まずは「一般葬」というもの。これはその名の通り、現在、一般的な葬儀といえばどんなものを思い浮かべるか? と聞かれたときに多くの人が真っ先に思うであろう葬儀のことです。これは規模的にはその個別の式ごとにさまざまで、主に会葬者の数によって決まります。斎場を利用し、祭壇を設け、出席者のための椅子を並べます。祭壇の前には焼香のための設備がしつらえられます。宗派によって細かな違いはありますが、僧侶の読経が初めに行なわれるのが一般的なかたちです。お経を上げることで仏教的に、故人の、こちらからあちら側への橋渡しを行ないます。その後、弔辞が読まれ、弔電が紹介されます。ふたたび行なわれる読経の中、遺族や会葬者による焼香が行なわれ、葬儀は終わります。

「一般葬」の大まかな流れとしては以上のようなものですが、これは現在、「葬儀・告別式」と呼ばれる様式で行なわれます。葬儀と告別式とを合わせて行なうものです。この変化についての主な理由としては、時間短縮ということが挙げられます。会葬者の立場から考えてみれば、従来の様式では、焼香など遺族以外の人々を招いて故人との別れを行なっていた「告別式」が始まるまでのあいだ待たなければならなかったのです。それを解消するために、二つの式を同時並行的に行なうようになったのです。